リンパが腫れるのですが、悪性リンパ腫なのでしょうか?

悪性リンパ腫 悪性リンパ腫と聞くと「とりあえず怖い病気」という認識を持たれる方がほとんどだと思います。事実、悪性リンパ腫は「リンパのガン」とも言え、恐ろしい病には間違いありません。
仮に自分が悪性リンパ腫になってしまったら・・・。ということを考えると不安になることでしょう。本サイトでは、そうした不安や疑問を30点に絞って、まとめてあります。
スポンサードリンク


リンパが腫れるのですが、悪性リンパ腫なのでしょうか?

Q.リンパ節が腫れてしまうことがよくあります。悪性リンパ腫ではないかと不安です。どうすればよいのでしょうか?

A.これについては、まず「リンパが腫れる」という原因について触れていく必要があるかと存じます。

まず、風邪をひいた際にリンパ節が腫れるということはお分かりかとは存じます。または炎症・風疹、それから結核の場合も想定しなくてはなりません。また、体質的にリンパ節が腫れやすいという方がおられます。

珍しいところですと、梅毒や野兎病、伝染性単核症、サルコイドーシス、白血病や「ガン」といったこともあるでしょう。白血病の場合は、悪性リンパ腫になる前に白血病で入院される、というケースが多いので、今回のお話しとはかけ離れてしまいますね。ちなみに「ガン」の場合は、リンパに転移することで腫れが現れます。

ですので、すぐに腫れが引くにしても、もし心配でしたら病院で検査されるとよいでしょう。原因は早めに判明するかとは思います。

ちなみに、検査においては、その症状なども踏まえ、血液検査・CT検査、そして生体検査全般を受ける形となろうかと思います。そこまで行かなければ、悪性リンパ腫ではないと思います。

ですが、いずれにしろ腫れが生じてしまった患部が熱を持っていたり、痛むケースも想定されます。こうした場合は、原因うんぬんはともかく、すぐに診療機関で診察を受けたほうがよいでしょう。場合によっては感染症を引き起こしている場合があります。早めの治療がカギとなるのです。