悪性リンパ腫の詳しい原因は?

悪性リンパ腫 悪性リンパ腫と聞くと「とりあえず怖い病気」という認識を持たれる方がほとんどだと思います。事実、悪性リンパ腫は「リンパのガン」とも言え、恐ろしい病には間違いありません。
仮に自分が悪性リンパ腫になってしまったら・・・。ということを考えると不安になることでしょう。本サイトでは、そうした不安や疑問を30点に絞って、まとめてあります。
スポンサードリンク


悪性リンパ腫の詳しい原因は?

Q.悪性リンパ腫の原因が感染症・炎症によるということでしたが、具体的な話をお聞かせください。


A.まず、感染症や炎症がなぜ起きるのか?ということを考えてみたいと思います。

ケースとして多いのが、ウイルスが原因であるという点です。また、リンパ節の細胞が悪性化してしまうというケースも挙げられますが、これもウイルスが起因ではないかと言われています。
また、白血球1型ウイルス、EBウイルス、胃で発症するMALリンパ腫の場合は、ピロリ菌やヘリコバクターによって感染することが分かっています。

それから、HIVウイルスを保持している患者が臓器移植をする場合に関しても、免疫力が異常に低下することでリンパ腫を発症するという事例が報告されています。


その他には「カビ菌」や遺伝といった説もあり、実のところは一概には言えない面もあります。

仮に、ウイルスに起因しているものだとしますと、その増殖力は、場合によっては異常な速さで進むことがあります。こういった点が考慮され、治療においては、抗がん剤がよく用いられるのです。

つまり、臓器にできる進行形の「ガン」もこうした悪性リンパ腫も、細胞分裂が進むことで肥大していくわけです。これを抑えるには抗がん剤が最も適している、と言えるわけです。

こうした点から考えると、単に感染症・炎症の発症を抑えるということはもちろん、いざ悪性リンパ腫に罹患したならば、やはりそれは「ガン」としてとらえ、ガン治療を行うことが優先されるということを、この項では理解しておくことが重要でしょう。