悪性リンパ腫の種類Q&A

脳内に悪性リンパ腫ができるのはなぜなのでしょうか?

Q.脳にも悪性リンパ腫が発症することがあると聞きました。唾液腺や涙腺はともかく、脳内にはリンパ腺がないはずだと思うのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか?

A.その点については、現段階で原因が解明されておらず、謎に包まれたままなのです。なぜなら、あなたのおっしゃる通り、脳内にはリンパ系組織がなく、どう腫瘍が生成・転移するのかが判然としないのです。

悪性リンパ腫はどう転移しやすいものなのでしょうか?

Q.悪性リンパ腫はやはり、転移しやすいものなのでしょうか?その場合、どういったケースが考えられるのでしょうか?

A.確かに、悪性リンパ腫は進行してしまうと臓器を中心に体内に転移しやすい性質のものであるということができます。

これは、別項でも述べましたが、やはりリンパは体内くまなく存在することがその大きな要因であると言えるでしょう。そういった点においては、臓器から臓器へと転移するガンよりも厄介であると思います。

胃にも悪性リンパ腫ができるのでしょうか?

Q.悪性リンパ腫が胃にもできると先日知りました。本当なのでしょうか?

A.はい、本当です。このメカニズムについて本項ではまとめていきたいと思います。

血液の中には、身体を細菌から守るための物質、白血球があることはご承知のことかと存じます。この白血球は大きく分けて5種類あるのですが、そのうちの一つにリンパ球と呼ばれるものがあります。