悪性リンパ腫の画像検査とは?

悪性リンパ腫 悪性リンパ腫と聞くと「とりあえず怖い病気」という認識を持たれる方がほとんどだと思います。事実、悪性リンパ腫は「リンパのガン」とも言え、恐ろしい病には間違いありません。
仮に自分が悪性リンパ腫になってしまったら・・・。ということを考えると不安になることでしょう。本サイトでは、そうした不安や疑問を30点に絞って、まとめてあります。
スポンサードリンク


悪性リンパ腫の画像検査とは?

Q.悪性リンパ腫を画像検査で判断すると聞きましたが、どういうものなのでしょうか?

A.生体検査が悪性リンパ腫の診断・発見における、最も重要な検査であることは事実です。しかし、それだけでは要するに「不安」なのです。その不安を解消するためには、実際に病状を肉眼で確認することが必要となるのです。

・CTスキャン
これはご存じの方が非常に多いかとは存じます。X線を使い、体内を「輪切り」にするといった、断面画像を撮り、検査します。これにより、体内の細部に存在するリンパ節や、普段では検査しにくい脾臓といった個所が十分に把握することができるのです。

場合によって、造影剤を用いて、CT画像を見やすくすることがあります。ですが、造影剤を用いない時と比べ、放射線の影響が強くなるという懸念があります。もちろん、既定の範囲内ですが、心配な方は医師に確認なさるとよいでしょう。


・MRI検査
これについても有名な検査ですから、名称は聞かれた方が多いと思われます。強度な磁力と電波によって、体内をくまなく調べ、解析や画像化したりするのです。

CT検査とは違い、放射線で検査するものではありませんから、こちらを使うケースが増えています。


・エコー検査
別名、超音波検査と呼ばれる検査であり、こちらも有名な検査方法です。超音波を体内に発射し、その反射を機械で処理することで画像化し、患部の状態を見ることができます。


こうした画像検査に加え、生体検査の結果を合わせ、悪性リンパ腫かどうかを判断していくのです。生体検査の結果を裏付けるものとして活用されます。