悪性リンパ腫における「しこり」とは?

悪性リンパ腫 悪性リンパ腫と聞くと「とりあえず怖い病気」という認識を持たれる方がほとんどだと思います。事実、悪性リンパ腫は「リンパのガン」とも言え、恐ろしい病には間違いありません。
仮に自分が悪性リンパ腫になってしまったら・・・。ということを考えると不安になることでしょう。本サイトでは、そうした不安や疑問を30点に絞って、まとめてあります。
スポンサードリンク


悪性リンパ腫における「しこり」とは?

Q.悪性リンパ腫と単なる炎症でできる「しこり」では、どのように異なるのでしょうか?

A.単なる炎症の場合、「ポコっと」腫れるとでも言いましょうか、触って動かしてみると「きょろきょろ」感のある「腫れ」が現れる傾向にあります。


それとは異なり、悪性リンパ腫は、まず「成長」します。徐々に大きくなったとすれば、早期に診療機関で診察されることをお勧めします。

また、「きょろきょろ」感というよりは「ごりごり」感、つまり何か固まりができたような印象を受けるかと思います。つまり、悪性リンパ腫は腫瘍なわけですから、こうした「ごりごり」感が生まれるといった症状が、一番の特徴かもしれません。

この「ごりごり」感のあるしこりが体内のリンパ節のある個所に現れることを早期に発見するためにも、入浴時にでも首やわきの下、あるいは脚の付け根といった個所は定期的にチェックしておいたほうがよいですね。

また、こうした「ごりごり」感のあるしこりの他に、以前にも申し上げたことがあるような倦怠感や発熱、それに体重の減少といった症状が現れたのならば、それは悪性リンパ腫の症状である可能性が高いと言えます。


これは、「ごりごり」感のある「しこり」が肥大してしまった際の症状なので、本項の性質と若干、趣を異にしますが、あるいは体内のリンパ節にできてしまった場合においては、それを触ることは当然できません。

胸部にできてしまえば、咳やひどい場合は呼吸困難、肝臓ならば腹水・黄疸といったガン症状が現れやすくなります。

こうなる前に、診療機関において診察される方がほとんどだとは言えますが、こういった状態になる前に、なんとか診察・入院加療といった状態にまで持っていきたいものです。


EXTENDED BODY: