悪性リンパ腫 生存率と治療法!症状とQ&A

悪性リンパ腫 治療悪性リンパ腫と聞くと「とりあえず怖い病気」という認識を持たれる方がほとんどだと思います。事実、悪性リンパ腫は「リンパのガン」とも言え、恐ろしい病には間違いありません。
仮に自分が悪性リンパ腫になってしまったら・・・。ということを考えると不安になることでしょう。本サイトでは、そうした不安や疑問を30点に絞って、まとめてあります。
スポンサードリンク


悪性リンパ腫 生存率 悪性リンパ腫とはどのような病気なのでしょうか?

・リンパ組織にできる「ガン」であり、切除して治療するということが極めて困難な病気。
・「悪性」と名のつく通り、「良性」はない。大きく大別すると、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分けられる。前者は欧米人特有の病型であり、後者は日本人に発症する割合が高い。


悪性リンパ腫 症状 悪性リンパ腫の初期症状とは?

・初期症状としては、リンパ節の腫れ・発熱・汗・倦怠感。風邪の症状と類似しており、そのまま看過してしまいがち。
・リンパ節機能の低下は、免疫力低下を意味する。本当に風邪をひいてしまうと、早期発見の阻害要因ともなり得る。
・リンパの腫れが伴ったならば、早めに診療機関で診察を受けるべき。


悪性リンパ腫 再発 悪性リンパ腫における病院選びの基本姿勢とは?

・「これは悪性リンパ腫か」と自分で分かるような状態ならばともかく、そうでなければ、まずは総合病院を受診すべき。
・インターネットが隆盛を極めている以上、これに頼ることは恥ずべきことではない。積極的に利用しよう。
・例えば「悪性リンパ腫 病院」というキーワードで検索するだけで、実にさまざまな情報を閲覧することができる。


悪性リンパ腫 治療 悪性リンパ腫が再発した場合における基本的概要とは?

・再発治療におけるターニングポイントは「1年」。これによって再発治療の方針が大きく変わる。1年未満での再発と1年以上経過してからの再発とでは、病に対するとらえ方が異なる点に注意。
・「安心を得る」ための目安は「3年」。もちろん、あくまで目安であり、その後も体調を整えて生活する必要がある。


<PR>高級なタラバガニ 通販や安くて人気のズワイガニ 通販はお歳暮にぴったりです。お世話になった方に元気になって貰うためにどうぞ。